加齢臭の原因は食べ物!?臭い対策・予防は食事改善で!

食事改善で加齢臭予防

前回までの記事で、加齢臭の原因やメカニズムをご説明してきました。
簡単にまとめますと

  1. 加齢臭の原因は体の酸化で発生する「ノネナール」という物質で、
  2. ノネナールの生成を減らすことで加齢臭は抑えることができる
  3. では、ノネナールの生成を減らすにはどうすれば良いのか?

ズバリ!生活習慣と食事の改善です。

なので今回は、食事改善にポイントを絞って『加齢臭の原因になる食べ物・飲み物』と、逆に『加齢臭を予防できる食べ物・飲み物』についてまとめました。

スポンサーリンク

加齢臭の原因になる食べ物・飲み物

コーヒー 【カフェイン】

加齢臭の原因になるコーヒー

コーヒーにはカフェインが含まれています。

カフェインには体の脂を酸化させる作用があるので、加齢臭の原因になる飲み物の一つとされています。

とはいっても、たまにコーヒーを飲むからといって加齢臭がきつくなるようなことはありません。

毎日何杯も飲む方や、コーヒーにいつも牛乳やクリームを入れて飲む方は注意が必要です。

牛乳やクリームに含まれる脂肪分とカフェインが結びつくと酸化が促進されてしまいます。

ビール・お酒 【アルコール】

ビールも加齢臭の原因に

お酒やビールなどにはアルコールが含まれています。

アルコールは、体内で分解されるとアセトアルデヒドという物質に変わり、アセトアルデヒドは血液中に入り込み全身に回ります。

このアセトアルデヒドには特徴として刺激臭があり、適量を超えて飲酒するとその影響で強い体臭が出やすくなります。

アセトアルデヒドは自然に体の外に排出されますが、概ね飲酒後一日位かかります。

脂身の多い肉 【脂肪】

脂身の多い牛の霜降り肉なども加齢臭の原因

脂身の多い肉類を食べ過ぎると体内の脂質の量が増え、脂肪酸が増加することにより、結果として加齢臭の原因物質である「ノネナール」の生成が多くなり加齢臭につながると言われています。

ただ、肉類は体のために必要不可欠な栄養素であるタンパク質を多く含んでいることから食べない方がいいとは言えません。

加齢臭を気にするなら、脂身の多い肉はあまり多く食べないようにし、鶏の胸肉やササミ、牛のヒレなど脂身の少ない肉を選ぶようにすると良いでしょう。

食事のバランスとしては肉の摂りすぎに気をつけ、できるだけ野菜や果物中心に摂るよう心がけましょう。

野菜や果物には、抗酸化作用が期待できるビタミンC・Eなどの栄養分が豊富なので、加齢臭の予防におすすめの食べ物です。

加齢臭予防におすすめの食べ物

野菜 【ビタミンC/E/β-カロテン】

抗酸化作用で加齢臭を予防

加齢臭を予防する食生活のポイントは「酸化を抑える」ということです。

酸化を抑えるには、酸化を促進する活性酸素の生成を少なくする働き(抗酸化作用)のある成分を多く含んだ食品がおすすめです。

抗酸化作用のある成分としては、ビタミンC、ビタミンE、カテキン、ポリフェノール、β-カロテンなどがあり、これらの成分を多く含んだ食品の代表的なものが野菜です。

ですので、野菜は加齢臭予防に最も適した食べ物と言えます。

魚介類 【DHA/EPA】※

脂身の少ない魚を肉の代わりに

魚介類は、肉類に比べ脂肪分が比較的少なく、体にとって必須の栄養素であるタンパク質も多く含んでます。

脂身の多い肉類に代えて魚介類を多く食べることで「ノネナール」の生成を抑えることができる加齢臭予防におすすめの食べ物です。

また、青魚にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPE(エイコサペンタエン酸)といった悪玉コレステロールを除去し、血液をサラサラにしてくれる成分が含まれ、これらを積極的に食べることでその他の病気予防にも効果があると言われています。

ヨーグルト・チーズ 【乳酸菌】

腸のなかにいる様々な細菌は、それぞれの種類ごとに集まって働いています。

よく知られているものとしてはビフィズス菌などの善玉菌がありますが、この働きが弱ると悪玉菌とのバランスが崩れ体臭や口臭の原因となります。

腸内でビフィズス菌が働きやすい環境をつくるには『乳酸菌』を摂るのがおすすめで、ヨーグルトやチーズなどの乳酸菌の多い食品を食べることで腸内の善玉菌が増え、体臭や加齢臭の改善につながることがわかっています。

納豆・豆腐 【イソフラボン/レシチン】

豆腐や納豆は大豆を発酵させて作られますが、大豆にはもともとイソフラボンやレシチンが多く含まれており、発酵の過程でこれらがより多く生成されます。

イソフラボンやレシチンは抗酸化作用のある成分で、体の酸化(老化)を防ぎ、加齢臭の原因である「ノネナール」を抑えててくれる効果があります。

海藻(めかぶ・モズク) 【フコイダン】

海藻の多くはヌルヌルしていますが、この成分はフコイダンという物質で、めかぶやモズクに多く含まれています。

体臭の原因の一つは、体の中の臭い成分がうまく排泄されないためであると言われていますが、フコダインは臭いを包み込み、体外に排泄する手助けをしてくれます。

めかぶ・モズクを食べることで臭いを排泄でき、体臭や口臭の軽減につながる加齢臭におすすめの食べ物です。

また、めかぶには中性脂肪を減らして血液をサラサラにしてくれる作用があるので、脂肪分が減ることによる加齢臭の予防も期待できます。

バナナ 【ビタミンC/E/ポリフェノール】

ここまででご説明してきたとおり、加齢臭対策にいい食べ物は『抗酸化力の高い食品』です。

果物の中でもバナナは、ビタミンC・E・ポリフェノールなどを多く含んでおり、抗酸化力が非常に高い食品ですので加齢臭予防におすすめの食べ物の一つです。

また、バナナは消化もよく、食物繊維も豊富、甘い割には低カロリーの食べ物で、ダイエット中や高齢者(更年期)の女性にもおすすめです。

グレープフルーツ・レモン 【ビタミンC】

グレープフルーツ・レモンにはたくさんのビタミンCが含まれています。

ビタミンCも、抗酸化作用のある栄養素の代表的なもので、加齢臭の改善に欠かせないものです。

その他のビタミンCを多く含む食べ物としては、柿・イチゴ・ブロッコリー・ホウレンソ草などもあります。

リンゴ 【ポリフェノール/ペクチン/カリウム】

リンゴは、ポリフェノール・ペクチン・カリウムと言った抗酸化物資を多く含みます。

意外と知らない方が多いのですが、リンゴの抗酸化力はおもに皮の部分にあります。

リンゴの皮をむいてそのまま置いておくと酸化によりすぐに変色してしまうのはそのためです。

ですから、リンゴはきれいに洗って皮ごと食べた方が体によい食べ物です。

パクチー 【ビタミンC/E/デトックス】

パクチーはセリ科の食用植物で、料理の薬味やトッピングとして用いられたりします。

独特の風味があり好き嫌いがはっきり分かれる食べ物ですが、高い抗酸化作用があり、加齢臭の予防にはうってつけです。

また、パクチーには体のなかの毒素(有害物質・重金属など)を体外に排出しやすくするデトックス(キレート)作用があるといわれ注目されている食べ物です。

パクチーの風味が苦手な方には、パクチーを原料として作った「パクチーエナジーゴールド」というサプリメントもありますので、一度試してみる価値はありそうです。

加齢臭予防におすすめの飲み物

緑茶 【ポリフェノール(カテキン)】

健康茶専門店 ほんぢ園
鹿児島県産の茶葉をまるごと粉末にしたカテキンたっぷりの緑茶

緑茶には抗酸化物質であるカテキンが含まれていります。

カテキンは植物の苦み成分であるポリフェノールの一種で、緑茶特有の苦みが苦手という人もいますが加齢臭予防には最適の飲料です。

そして、お茶の栄養成分をしっかりと摂るなら粉末タイプがおすすめ!急須で入れると茶殻に7割近くの栄養が残ってしまいます。

リンゴ酢

富士薬品
スーパーフルーツ配合のりんご酢 フジタイムRich

リンゴが加齢臭予防におすすめの食べ物であることは先ほど説明しましたが、酢にも消臭効果があります。

リンゴ酢はダブルで加齢臭の予防効果が望める飲み物です。

すっぱいものが苦手な方は、牛乳で割って飲むとヨーグルト風のまろやかな味で飲みやすくなりおすすめです。

ココア 【リグニン】

FRESH ROASTER珈琲問屋 楽天市場店
ミルクや砂糖は不使用!バンホーテンのピュアココア(純ココア)

ココアにはリグニンという、体臭予防に効果のある成分が含まれています。

リグニンは、抗酸化作用のあるポリフェノールが集まった食物繊維で、ココアに多く含まれております。

腸内において善玉菌を増やし、臭いの発生を抑えるとともに、発生した臭いを吸着して排泄する働きがありますので、ココアは加齢臭予防の飲み物として適していると言えます。

ルイボスティー 【ポリフェノール/ミネラル】

ティーライフshop 健康茶 自然食品
楽天口コミランキング人気No1の国産ルイボスティ(原料は南アフリカ)
100包入りで1,000円(1包10円)とお買い得!

ルイボスティーにはポリフェノールやミネラルが多く含まれています。

これらの成分の抗酸化作用により活性酸素の発生が抑えられ、加齢臭の原因であるノネナールの生成を減らすことできると考えられています。

最近では若い女性を中心にダイエット飲料としても人気で、楽天やamazonなどの通販サイトでも国産のお得な商品が販売されているのでお財布に負担をかけず長く続けられます。

できれば、毎日続けて飲むことで抗酸化体質を作り、加齢臭を予防していきましょう。

野菜ジュース・グリーンスムージー 【ビタミンC/E/βカロテン】

Natural Healthy Standard
フレーバー付きで飲みやすい♪200種類の野菜・フルーツの酵素が入ったグリーンスムージー

野菜にはビタミンC・E・βカロテンなど抗酸化作用のある成分が多く含まれており、加齢臭予防の食べ物として適していることは先ほど説明しましたが、どうしても野菜が嫌いな人は野菜ジュースとして飲むと良いでしょう。

最近は酵素入りやフレーバー付きのグリーンスムージーなども人気で、野菜を食べるより手軽に栄養素をとることが出来ますし、朝の忙しい時間でも簡単に作ることができるのでおすすめです。

とくにマンゴーや抹茶・桃などのフレーバー(香り)がついたものは飲みやすく『青汁』の青臭さがダメだった人にはおすすめ!毎日できるだけ意識して野菜ジュースを飲むようにすれば体質改善の効果も期待できます。

豆乳飲料 【イソフラボン/レシチン】

ドリンク屋 楽天市場
ごま・バナナ・ベリーミックスetcいろんな味が楽しめる豆乳飲料シリーズ

豆乳は豆腐と同じく大豆からつくられますので、抗酸化作用のある成分であるイソフラボンやレシチンが多く含まれております。

最近はいろんな味の豆乳飲料が発売され、飲みやすく美味しいので、味にクセがあるから豆乳は苦手。。。という方も試されてみるのがおすすめです。

赤ワイン 【ポリフェノール(アントシアニン)】

健康食としてワインを飲む方も増えているようですが、赤ワインの中には抗酸化作用のあるポリフェノールが多く含まれており、代表的なのが赤い色素であるアントシアニンと言われるものです。

ちなみに、ワインには赤と白がありますが加齢臭予防には赤ワインがおすすめです。

ぶどうのポリフェノールは皮や種に多く含まれ、十分に塾した赤色のぶどうを使って作られる赤ワインの方が抗酸化作用が強いことがわかっています。

白ワインはと言うと、皮や種を取り除いてつくるためポリフェノールの量は赤ワインの1割くらいしか含まれていないそうです。

ワインと一緒に発酵食品であるチーズを食べると、身体に乳酸菌も取り入れられるのでさらに良い効果が期待できると言われています。

水素水

メロディアン ハーモニーファイン
コーヒーフレッシュで有名なメロディアンの高濃度水素水アルミパウチタイプ

最近水素水を飲む人が増えています。

加齢臭予防に効果のある抗酸化物質としては、ポリフェノール・カテキン・ビタミンC・ビタミンEなどが知られていますが、水素水はこれらの抗酸化物質より100倍以上高い抗酸化力を持っていると言われています。

この水素水を飲むことで、活性酸素を取り除き「ノネナール」の生成を抑え加齢臭改善につなげようという方もいます。

市販の水素水を購入する時の注意点

水素水を購入する際には下記の点に留意してみてください。

  • 水素濃度明記され、濃度が1.6PPM以上のもの
  • 容器はアルミパウチタイプのもの
  • 硬度が100以下の軟水のもの
スポンサーリンク

ウエディングナビTOP最新記事を一覧でチェック!

PAGE
TOP