ゴルフ打ちっぱなしの服装マナーは?靴やグローブは必要?

ゴルフ打ちっぱなしの服装マナーは?

ゴルフといえば紳士のスポーツですから、服装や靴などのマナー(ドレスコード)もしっかりと決められています。

なら、ゴルフの練習場でも服装にルールはあるの?ゴルフシューズやグローブは着用しなけれないけないの?など打ちっぱなしに着ていく服や靴のマナーについてまとめてみました。

スポンサーリンク

ゴルフ練習場・打ちっぱなしでの服装は?

ゴルフ場のドレスコード(服装規定)

ゴルフのコースをラウンドする際は、各ゴルフ場別にドレスコード(服装規定)というものがあり、その規定に違反する服装では入場できません。

例えば、襟のついていないシャツ(Tシャツなど)はNGとか、半ズボンにはロングソックス着用などの規定があります。

とくに格式のあるゴルフコースではチェックも厳しいので、事前にゴルフ場に確認すれば教えてくれます。

ゴルフ場では服装規定(ドレスコード)が決められています

打ちっぱなしは自由な服装(ジャージや短パンなど)もOK

打ちっぱなし練習場での服装は、ゴルフ場と違いドレスコードなどはありませんので、動きやすい恰好であれば問題ありません。

冬ならばジャージ・トレーニングウエア、夏なら半袖のポロシャツや半ズボン・短パンなども基本はOKです。

ただ、汗をかくからといって下着や肌着1枚などの見苦しい服装での練習は女性ゴルファーの方も増えているので控えましょう。

打ちっぱなしの服装は自由ですが女性もいるので節度のある服で

打ちっぱなしで履く靴は?ゴルフシューズは必要?

運動に適した靴・シューズならOK

靴は、運動するのに適したものであれば、スニーカーやランニングシューズなどでも構いません。

ただ、コースに出るときはゴルフシューズが必要で、一般的な運動靴ではプレイさせてもらえません。

芝生を傷めないタイプのゴルフシューズしか許可していないゴルフ場がほとんどです。

スニーカーなど運動しやすい靴

革靴はNG(おすすめしません)

サラリーマンの方など、時々仕事帰りの恰好のままで打っている人もいますが、革靴での練習はお勧めできません。

革靴は裏面にグリップ力がなく滑るため、スタンスを固定することができず、体の軸がブレでショットが不安定になります。

とくに初心者の方は、まだ自分のスタンス・スイングが固まっていない状態なので、滑る革靴で練習すると変なクセがついてしまいます。

底が滑りやすい革靴はNG

自分のゴルフシューズでの練習がベスト

ゴルフシューズは滑らず踏ん張りが効くようにつくられていますので、練習の時もゴルフシューズを履いたほうがスイングも安定します。

レンタルシューズもありますが いずれコースデビューを考えているのであれば、自分の足に合ったゴルフシューズを購入して練習段階から慣れておくのがおすすめです。

打ちっぱなしでもスパイク付きのゴルフシューズが最適

打ちっ放しでもゴルフグローブはつけないとダメ?

プロゴルファーのなかにはグローブをつけない選手もいますが、グローブなしでスイングするとグリップが滑りやすいので、とくに握力の弱い左手のみグローブをするのが一般的です。

練習場の打ちっ放しでは何球もボールを打つので、初心者のうちはグローブなしで練習するとすぐにマメや血豆ができてしまいます。

グローブはゴルフショップ・通販が安い!

グローブは練習場でも販売していますが、種類が少なく価格も定価ですので、練習場に行く前にゴルフ5やゼビオ・ゴルフパートナーなどのゴルフショップで選ぶ方が、種類も多く自分に合ったグローブが割安な価格で買えます。

価格は1,000円くらいで買えますが、皮革が硬いグローブはクラブを握った時に違和感を感じたりするので、フィット感のある柔らかめのグローブを選ぶのがおすすめです。

柔らかさ抜群天然羊革(ソフトシープ)使用ゴルフグローブ キャスコ【KSE−500|左手用】

スポンサーリンク

ウエディングナビTOP最新記事を一覧でチェック!

PAGE
TOP