ゴルフレッスン動画~ドライバー/アイアン/パターおすすめYoutubeまとめ

ゴルフレッスンYoutube動画まとめ

ゴルフの正しいスイングを身に付けたい初心者の方から、我流のクセを治してスコアアップしたいベテラン・シニアゴルファーの方までドライバーのティショットやアイアンのアプローチ・パットの参考になるYoutubeのおすすめレッスン動画をまとめ。

スポンサーリンク

ゴルフのレッスン動画で正しいスイングを

クセのあるスイングはスコアが上がらない原因に

コースをラウンド中や打ちっぱなしのゴルフ練習場でまわりを見ると、スイングに変なクセがついている方を見かけることがありませんか?

ベテランのシニアゴルファーの方でも、きちんとしたゴルフのレッスンを受けたことはなく、我流で練習していまのスイングに落ち着いたという方も多いのではないでしょうか?

スイングやグリップにクセがあるとボールの飛距離が伸びない、よくスライスするなどスコアが上がらない原因になります。

スコアアップには正しいスイングのレッスンがベスト

スコアに伸び悩んでいるかたは、正しいスイングを身に付け悪いクセを矯正するのがおすすめで、それにはプロによるマンツーマンでのレッスンを受けるのがベストですが

  • レッスン施設が近くにない
  • レッスンに行く時間が取れない
  • レッスン料金が高くて続けられない

などでなかなか通えないという方も。。。

そんな方には

Youtubeのゴルフレッスン動画がおすすめ!

Youtubeには、ドライバーやアイアンのグリップ・スイング・スタンスの基本はもちろん、アプローチのコツやパターのストロークまでプロが解説しているレッスン動画が多数投稿されています。

その中からおすすめのレッスン動画をまとめてみましたので、正しいスイングを身に付けてスコアアップしたいという方はぜひ一度視聴してみてください。

ゴルフレッスン動画まとめ

ゴルフクラブのグリップ・握り方

どのクラブを打つにしてもグリップが大事です。正しいグリップでないと、球は思うように飛んでくれません。我流のグリップの人は動画を視聴して、自分のグリップが正しいグリップになっているかどうかをチェックしてみましょう

動画概要

正しいスクエアグリップの作り方について、クラブの目印を参考にしながら、左手の握り方から右手の握り方まで解りやすく順序立てて解説されており、スクエアグリップになっているかどうかの自己チェックの仕方や指と指の絡めかたなどもよくわかります。

レッスン内容

0:50 正しいグリップ・左手の握り方
左手のどこでクラブを握るか、左手親指の位置、自己チェック方法
2:20 右手の握り方
右手の位置、右手は真横から合わせる、指をひっかける感じで握る
2:54 小指のかけ方
オーバーラッピングとインターロッキングの違い
3:19 指と指の絡めかた
指と指の間の隙間はNG、短く握るのがコツ

レッスンのポイント

グリップはゴルフスイングの基本であり、グリップが悪いと打ったボールは思うように飛びません。

グリップの作り方を丁寧に解説していますので、初心者だけでなくベテランゴルファーにも参考になります。

ドライバーの打ち方

ゴルフで一番の醍醐味は何と言ってもドライバーで気持ちよくティショットを打つ!ことですが、スライスしたりチョロしたりするとそれを挽回しようとさらに気持ちが焦りスコアが乱れる方も。

ドライバーを正確に遠くへ飛ばすためには、やはり正しい打ち方・スイングが重要になります。

初心者の方はもちろん、ベテランゴルファーの方もドライバーの打ち方のコツ・理論を改めて動画で理解することで、スイングを安定させてコントロールされたショットが打てるようになります。

動画概要

ドライバーの打ち方について、基本的なティアップの高さによるショットの違いからスイングで注意すべきボールと足の位置/スタンスの幅/4スクエアの姿勢など、体の軸をつくり、肩の回転で打つ基本的な内容が解説されています。

レッスン内容

0:.10 ティアップの仕方・高さ
スピン量や風の向き(アゲインスト・フォロー)で高さを調節
1:20 スタンス・ボールの位置
スタンスの幅とボールとかかとの位置調整
左脚かかと線上にボールを置く
2:15 身体の向き
4スクエアのスタンス
バックスイング・肩の開き・肩の回転
4:05 ドライバーのダウンスイング
アッパーブロー

レッスンのポイント

この動画レッスンでは「左足とボールの位置」「スタンスをスクエアにする」「ドライバーのスイングは肩を回す」という点を重点的に解説されています。

白いヒモを置いて解説されていますが、皆さんも練習時に同じようにヒモを置いて自分の体の角度やボールと左足の位置関係を確認・調整しながら正しいスタンスで練習するのもおすすめです。

フェアウエイウッドの打ち方

フェアウエイウッドを持つとトップやダフりが多く、思ったようにボールが上がらないという悩みをお持ちの方は、是非この動画を視聴してみてください。フェアウエイウッドの打ち方のコツをわかりやすく解説しています。

動画概要

ファウエイウッドはクラブを滑らすように振るのが良いのですが、そのためのアドレス時の顔の位置やボールの位置、バックスイング時のポイント、クラブを振るときの注意点、スイング軌道を治すための練習方法などについて解説されています。

レッスン内容

0:10 アドレスのポイント
グリップの場所、顔の位置、背骨の軸を意識、ボールをすくいあげる打ち方はNG
2:10 バックスイングのポイント
なるべく真っすぐ後ろに引く、インサイドに引くのはダメ、スイング軌道がインサイドアウトになると良い球が打てない
2:25 クラブは滑らせるように振り抜く
クラブは打ち込まずに滑らすようにして左に振り抜く、ボールを上げようとしない
2:50 練習ドリル
クラブのソールを滑らせる練習方法

レッスンのポイント

ファウエイウッドでボールが自然に上がる振り方は、クラブでボールをすくいあげて打とうとせずに「クラブを滑らすようにして振り抜く」ことが大事で、その振り方のコツを覚えるのに最適なレッスン動画です。

アイアンの打ち方

アイアンショットでダフってしまうとか、ヒットしても距離が伸びないというようなアイアンに苦手意識のある方も多いと思います。

アイアンにもグリップやセットアップ・スイング軌道・体重移動などの正しい打ち方があるので、詳しく解説された動画を見て、自分のスイングの欠点を修正すればミスショットを減らすことができます。

動画概要

7番アイアンを使ってのレッスンで、まず、セットアップの仕方からグリップエンドの位置、顔の位置などについて解説した後、打ち方についてはすくい打ちはNGであることや骨盤から前傾する姿勢をとり、インパクトの時の体重は左脚にかかる
ように体重移動し、ハンドファーストでボールをヒットすることを心がけること等を解説しています。

レッスン内容

0:10 セットアップの仕方
ボールの位置・グリップエンドの場所・顔の位置
0:45 トップスイング~ダウンスイング~インパクト
すくい打ちはNG、クラブを上からぶつけて打ち込む感じでインパクト
右脚体重でのスイングもNG・体重は左脚にかかる・腰は横にスエ―しない
1:17 前傾姿勢を維持
背筋を伸ばして骨盤から前傾、手の力を抜いて垂らしたところがグリップの位置
1:36 スイング軌道
できるだけ真っすぐ、飛球方向と平行になるようにバックスイング
ダウンスイングでも同じ軌道を通ること
極端なアウトサイドインやインサイドアウトの軌道はNG
2:08 体重移動
しっかり体重を左に移して打つ、右脚体重のまま回転するのはNG
インパクトの瞬間はハンドファースト

レッスンのポイント

レッスンでは、クラブの軌道と体重移動の二つを重要なポイントと位置づけしています。

バックスイングでは飛球方向と平行になるようにあげ、ダウンスイングで同じところを通るように振ることと、左脚への体重移動を確実に行い、ハンドファーストでヒットすることが大事であると解説しています。

アイアンショットのミスに悩んでいる方はすごく参考になります。

アプローチショットの打ち方

パーオンを逃したグリーン周りからのアプローチショットをダフったり、大きくオーバーしたりすると悔しいですよね。

グリーン周りからワンピン以内にピタッと寄せるアプローチショットをマスターできれば、パーセーブも可能になりスコアアップにつながります。

ここでは、アプローチショットの内、最も使う頻度の多い「ランニングアプローチ」の打ち方をわかりやすく解説した動画を紹介します。

動画概要

ランニングアプローチはどんな場面で使うのか、打ち方やボールの位置とグリップの場所・スイングの振り方など、素人が間違いやすい個所が丁寧に解りやすく解説されております。

レッスン内容

0:20ランニングアプローチ使う場面
転がして寄せることができる時
0:52使うクラブと打ち方
AW・PW・9番など、パターのようにラインを出す
スタンス幅は狭く、左脚の位置は少し後ろ、ひざは少し曲げる
2:05ボールの位置
普通は真ん中、ランを多くしたいときは右足より
2:30グリップを握る場所
左足の付け根の前・シャフトは左に傾く・クラブフェイスは開かない
3:05スイング・ショット
手首はコックしない・パターを振る感じで低くヒット・体重は左足におく
左肩の位置に注意・払うように打つ・ハンドファースト・インサイドに引くのはNG

レッスンのポイント

ランニングアプローチのコツは低く転がしてパターのようにラインを出して寄せていくショットであり、そのためにはあまりキャリーで飛ばさずに転がしを主体として寄せるショットです。

動画ではボールの位置・ハンドファーストのグリップの場所・左足体重・パター感覚でのスイングなどショットで注意する点を学べます。

パターの構え方と打ち方(ストローク)

1ラウンド18ホールのコースでパー72なら、パット数は36が基本。

つまりスコアの内半分はパターの数になります。

従ってパターが上手くなればスコアは間違いなくアップします。

あまり理屈を考えないでパターを打っている方も多いと思いますが、ご紹介する動画では正しいパターの構え方と打ち方を練習できるので、正確なストロークが身につきスコアアップにつながり一層ゴルフが楽しくなります。

動画概要

パターの際のクラブの握り方、両腕で五角形を作る構え方に続き、ボールを置く位置やストロークをする時の注意点について詳しく解説しています。

レッスン内容

0:15 グリップ
オーソドックスな握り方、両方の親指がグリップの平らな面の真上にくる
1:42 両腕の形
両腕と胸が五角形の形に、肘からシャフトは一直線の構え
2:16 ボールを置く位置
ボールの位置は真ん中よりやや左、左目の真下にくるように構える
身体かボールから遠く離れすぎないように注意
3:33 ストロークの仕方
両腕の五角形を崩さずに振り子のようにゆっくりとストローク、手首は固定、下半身と頭も固定し動かさない
4:25 フォロースルー
パターもフォロースルーが大事、ボールを打った後しっかりフォロースルー
ゆっくりと一定のスピードでストローク、ヘッドアップはNG

レッスンのポイント

初心者向けとなっていますが、パターの打ち方の基本を丁寧に解説されてますので、パットのコツと理論をマスターするという点でベテランゴルファーにも参考になる動画です。

スポンサーリンク

ウエディングナビTOP最新記事を一覧でチェック!

PAGE
TOP