洗濯槽クリーナーおすすめランキング[酸素系/市販品]口コミ人気TOP5

洗濯槽クリーナーおすすめランキング

洗濯槽クリーナーにはたくさんの種類やメーカーがあってどれが自宅の洗濯機におすすめなのかわかりづらいところ。

そこで、塩素系と酸素系どっちがいいのか?メーカー純正と市販品はどっちがおすすめ?などとあわせて、楽天・amazonの売れ筋ランキングや口コミで人気の洗濯槽クリーナーおすすめTOP5をまとめてみました。

スポンサーリンク

洗濯槽クリーナーの塩素系と酸素系おすすめは?

強力な塩素系・手軽に使える酸素系

洗濯槽クリーナー選びで、まず悩むのが塩素系にするか酸素系にするか。

洗濯槽クリーナーは塩素系と酸素系どっちがおすすめ?

長期間に渡って洗濯槽の掃除をしていない場合は、カビや菌などをしっかりと除去できる強力な塩素系洗濯槽クリーナーがおすすめです。

逆に定期的な槽洗浄を行いたい場合には、安全で手軽に使える酸素系洗濯槽クリーナーがおすすめです。

とくに、赤ちゃんや子どものアレルギー対策のために「粉せっけん」を使っているご家庭などでは洗濯槽の汚れやカスが溜まりやすいのでこまめに洗浄できる酸素系がおすすめです。

赤ちゃんにも安心な酸素系洗濯槽クリーナー

塩素系の洗濯槽クリーナーは強力で漂白効果も高いものの、肌に触れると炎症や肌荒れを起こすことがあり、塩素の強い臭いもあります。

酸素系の洗濯槽クリーナーは「発泡効果」で汚れやカビを落とすので、塩素系と比較すると殺菌効果はやや弱いものの、手肌についても安全な素材を使用しています。

、あた、最近は酸素系でもカビの除菌率が99.9%と効果の高いものもあり、塩素系でとれなかった「カビの菌糸」を取れるものまで販売されています。※詳しくはのちほど

sentakusou-cleaner-osusume1

酸素系洗濯槽クリーナーは使い方も簡単

洗濯槽クリーナーの基本的な使い方は

  1. 洗濯槽いっぱいに水を入れる
  2. 洗濯槽クリーナーを投入する
  3. 「洗い」で混ぜる(撹拌する)
  4. そのまま数時間「つけおき」する
  5. 「洗い→すすぎ→脱水」する

という流れで、塩素系でも酸素系でも工程や使い方はほとんどかわりません。

ですが先ほどご説明のとおり、塩素系を使用する時は手や肌に付かないよう手袋やマスクの着用が必須ですし、十分な換気も必要になります。

塩素系の洗濯槽クリーナーにはマスク・手袋がおすすめ

ただし、洗濯機の種類によっては酸素系洗濯槽クリーナーが使えないものもあるので注意が必要です。

ドラム式には塩素系洗濯槽クリーナーがおすすめ

酸素系洗濯槽クリーナーが使えない代表的な洗濯機は【ドラム式】全般です。

ドラム式洗濯機は少ない水で洗えるのが特徴ですが、その分すすぎが弱いので「泡検知機能」がついていて、基準を超えると強制排水されるため、洗剤も専用の低発泡タイプになっています。

酸素系洗濯槽クリーナーは泡が多く、ドラム式に使えないものがほとんどですので、必然的に塩素系クリーナーがおすすめになります。

ドラム式にも使えるおすすめの塩素系洗濯槽クリーナーはこちらの記事でまとめています。洗濯槽クリーナードラム式おすすめドラム式洗濯機におすすめの洗濯槽クリーナーと使い方まとめ

洗濯槽クリーナーのメーカー純正のおすすめは?

パナソニック洗濯槽クリーナー「N-W1」がおすすめ

パナソニック純正 洗濯槽クリーナー N-W1

各メーカー洗濯機の取扱説明書には、純正の洗濯槽クリーナーを使った洗浄方法が紹介されているので、その製品を購入するのがおすすめですが価格が高かったり、通販で取扱いがない場合もあります。

昔から使われているパナソニックの「N-W1」は、全メーカーの洗濯機に使え、販売店も多いため価格も下がりやすい傾向にあるのでおすすめです。

ただし・・・

メーカー純正の洗濯槽クリーナーは塩素系のみ

パナソニックだけでなく、日立・東芝・シャープなども純正品はどれも塩素系のクリーナーになります。

もちろん縦型でもドラム式でも使えますが、塩素系特有のデメリットもあり価格も高めですので、最近は手軽に使えて経済的な市販の洗濯槽クリーナーが人気です。

価格の安い市販の洗濯槽クリーナーは主婦のミカタ

メーカー純正品の洗濯槽クリーナーが1本(1回分)1,500円~2,000円なのに対して、市販の洗濯槽クリーナーは500円以下とかなりお安いのに除菌や洗浄効果も充分!

小さなお子さまや赤ちゃんのおられるなど、こまめに槽洗浄をしたいご家庭には経済的にも市販品がおすすめです。

市販の酸素系洗濯槽クリーナーが口コミで人気

市販の洗濯槽クリーナーにもいろんな種類い・メーカーがありますが、なかでも「シャボン玉石けん」や「アリエール」などの酸素系洗濯槽クリーナーが通販サイトの口コミでも人気となっています。

酸素系洗濯槽クリーナーおすすめ市販品TOP5

通販サイト(楽天/amazon)の売れ筋ランキングや口コミ・レビューでも高評価の酸素系洗濯槽クリーナーおすすめTOP5をご紹介。

【シャボン玉石けん 洗濯槽クリーナー】楽天口コミ人気No1!

楽天の洗濯槽クリーナー売れ筋ランキングで何度も1位を獲得している「シャボン玉石けん」

3000件近い口コミ・レビューの中で☆5の高評価が8割以上という満足度の高い人気商品。

過炭酸ナトリウムを主成分とした酸素系洗濯槽クリーナーですが、カビ除菌率99.9%+消臭効果もあり、洗濯機の裏側に隠れた汚れもしっかり落としてくれます。

価格も1袋1回分が500円前後ですので、リーズナブルで使いやすいお値段。

【P&G アリエール洗たく槽クリーナー】amazon売れ筋ランキング1位

amazonの洗濯槽クリーナー売れ筋ランキングで1位にもなったP&Gのアリエール サイエンスプラス洗たく槽クリーナー

1袋250g入りの粉末タイプで1回分の使用量は他のメーカーに比べると少なめですが、しっかりとした洗浄効果でレビュー評価も高めです。

人気は3袋セットタイプで価格は500円~600円となっているため、1回あたりの費用が200円程度とコストパフォーマンスがよいのもランキング上位の理由です。

【ジョンソン 洗たく槽カビキラー】アクティブ酸素で雑菌・汚れを落とす

キッチンやお風呂のお掃除でも定番の「カビキラー」は、お値段も安く手軽に使える市販品クリーナーの人気シリーズ。

洗濯槽クリーナー(非塩素系)タイプは、通常の粉末カビ取り剤の3倍の浸透力があり、アクティブ酵素のチカラでカビ・雑菌・汚れをしっかり落としてくれます。

洗たく槽カビキラーには塩素系(液体)と酸素系(粉末)の2種類があり、混ぜるとキケンですので商品購入の際は間違えないように気をつけましょう。

【エスケー石鹸 すっきり洗濯槽クリーナー】安心の国産原料

環境に優しい国産原料の過炭酸ナトリウムと洗浄用の純石鹸を配合して作られた日本製の洗濯槽クリーナー「エスケー石鹸|すっきりシリーズ」

他の製品に比べて高発泡のため、通常の槽洗浄コースが使えないなど使い方にコツがいりますが、カビや汚れを包み込んで剥がし取る優れた洗浄力で評価の高い商品です。

2袋入りで価格は1,000円以下ですので、国産ながらも低価格でおすすめです。

【レック 洗濯槽の激落ちくん】ドラム式にも使える酸素系漂白剤

「塩素系を超えた!」のキャッチが魅力の酸素系洗濯槽クリーナー「洗濯槽の激落ちくん」

塩素系でもできなかった「カビの菌糸」の除去まで効果がある、つけおき不要の新開発漂白活性化剤を配合した高機能洗剤。

なによりも、ドラム式洗濯機に使える酸素系漂白剤としての口コミ・レビューが高評価で、価格も1袋1回300円程度におさえられるので、塩素系以外に選択肢がなかったドラム式ユーザーにおすすめの高コスパ商品です。

洗濯槽クリーナーはまとめ買いがおすすめ

市販品の洗濯槽クリーナーはどれも500円以下でお買い得ですが、まとめ買いするとさらにお安くなります。

洗濯槽の槽洗浄は2ヶ月に1回ぐらいの頻度が目安ですので、毎回注文するよりも1年分(6個以上)まとめて購入すれば送料も節約できておすすめです。

スポンサーリンク

ウエディングナビTOP最新記事を一覧でチェック!

PAGE
TOP