ワイシャツの黄ばみ[襟/脇/全体]の原因と防止方法まとめ

ワイシャツの黄ばみの原因と防止方法

汗をかく夏場になると気になるのがワイシャツの黄ばみ。とくにクールビズで過ごすこの時期は、脇や襟が黄ばんでいると周囲の視線も気になります。

そもそも、なぜワイシャツに黄ばみができるのか?その原因とあわせておすすめの黄ばみ防止方法をご紹介。

スポンサーリンク

ワイシャツの黄ばみの原因は?

襟・首の黄ばみの原因

ワイシャツの襟や首の黄ばみのおもな原因は、汗をかくときに分泌される『皮脂』です。

人は汗をかくときに皮脂を一緒に分泌し、時間が経つとともに皮脂が酸化して襟の部分の繊維に染みついて黄ばみになります。

ワイシャツの襟・首の黄ばみの原因は皮脂

脇の黄ばみの原因

ワイシャツの脇の黄ばみも皮脂がおもな原因ですが、『』で変色することもあります。

脇の部分には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類の汗腺があります。

エクリン汗腺から出る汗は99%が水分で臭いや色素を含んでいませんが、アポクリン汗腺から出る汗は粘度が強く、皮脂も多いためニオイがあり、ポフスチンという色素も含んでいるため、皮脂と色素の影響で黄ばみができやすくなります。

アポクリン汗腺は『ワキガ』の人に多く見られるので、ワイシャツのワキが黄ばみやすい方は「ニオイ」にも注意が必要です。

ワイシャツの脇の黄ばみの原因は汗・ワキガ

全体的な黄ばみの原因

ワイシャツ全体に黄ばみができるケースとしては次のようなものが考えられます。

アイロンがけ(熱)による黄ばみ・変色

白いワイシャツにアイロンをかけたら黄色く変色したというケースもあります。

この黄ばみの原因は、洗剤や漂白剤の成分が洗濯した際にすすぎきれずワイシャツに残っていた場合が多いようです。

アルカリ性の洗剤などは、アイロンがけで高温の熱を加えると変色してしまいますので、洗剤の量・すすぎの回数に注意が必要です。

アイロンがけ(熱)による黄ばみ

衣替えまで長期保管した時にできる黄ばみ

タンスや衣類ケースに保管している間に、シャツ全体に黄ばみができてしまったというケースもあります。

この原因は、洗濯しても取り切れなかったわずかな皮脂汚れが時間とともに酸化したためです。

シーズンが終わって衣替えする際は、クリーニングに出して皮脂汚れを完全に落としておくのがおすすめです。

タンスで長期保管した時の黄ばみ

タバコのヤニによる黄ばみ

単身赴任など一人暮らしの方は、ワイシャツを洗濯してもクローゼットなどに入れず、部屋に掛けたままでタバコを吸っているという方も。

とくに換気の悪いマンションなどでは、たばこの煙が抜けきれずヤニがシャツに付着してしまい黄ばみになることもあります。

タバコのヤニによる黄ばみ

ワイシャツ(襟・脇)の黄ばみ防止グッズ

ワイシャツの襟や脇の黄ばみは「皮脂の酸化」がおもな原因ですので、汗や皮脂汚れがつかないようにするのがベストです。

最近は、脇や襟の汚れをガードしてくれる便利な「黄ばみ防止グッズ」もあり、夏場はとくにおすすめです。

テープを貼って襟・袖の汚れをガード

ワイシャツの襟や袖口に貼ることで汚れ・黄ばみを防止できる便利グッズ「よごれガードテープ」

八商商事|楽天市場店

NHK情報番組「おはよう日本・まちかど情報室」でも紹介された商品で、新しくなってからはテープカッターもついて簡単に貼ることができ口コミでも人気です。

1個あたり約1,000円程度の金額で、3cm幅×約5mの長さがあるので12回~は使えますからクリーニング代と比べるとお得に黄ばみ対策ができます。

衿高インナーシャツで黄ばみ防止

ワイシャツのネックがあたる後ろ襟の部分を高くして、汗や皮脂汚れを防止してくれるセシールのインナーシャツ。

これだけで襟・首の汚れをすべて防止することは難しいですが、インナーとしてはお値段もそこまで高いものではないので、夏場用の下着として追加して、他の防止グッズと併用するのがおすすめです。

手軽で便利なワキ汗吸収パッド

ワイシャツの脇の黄ばみに悩んでいる方には、脇部分に貼ることで黄ばみの原因である脇汗を吸収してくれるパッドがおすすめです。

小林製薬の「あせワキパッド」にはメンズ用もあり、3層吸水で男の汗もしっかり吸収。抗菌・防臭加工もされているので気になる「脇のニオイ」対策にも効果的!

左右の2枚1組で10組入りが500円前後となっていますから1日50円程度で脇汗・黄ばみ・ニオイを予防できます。

脇汗・背中汗対策半袖インナーシャツ

メンズ用の脇汗吸収パッドは、吸収力も高めに作られていますがそれでも足りない(脇汗で濡れてしまう)という声も。

そんな方におすすめの吸汗・速乾インナーシャツがこちら。

脇汗パッドは下着の素材や貼り方によっては、使っていると剥がれてしまうかたもいますが、パッドが内蔵されたインナーならその心配もありません。

脇汗だけでなく背中から流れる汗もワイシャツを濡らしててしまいます。

濡れたままにしておくと黄ばみの原因にもなりますし、見た目にもよくありませんので、汗かきの方には吸汗性のある機能的なインナーシャツがおすすめです。

スポンサーリンク

ウエディングナビTOP最新記事を一覧でチェック!

PAGE
TOP