ワイシャツのクリーニング料金の相場は?100円の安いお店は大丈夫?

ワイシャツのクリーニング料金

今年から社会人になった方や単身赴任で一人暮らしを始めた方が、これからの時期に悩むのがワイシャツのクリーニング。

エリ・ソデの汚れはもちろん、夏場は汗ジミ・黄ばみも付きやすくクリーニングに出す頻度も増えるので、なるべく料金の安いクリーニング店があれば助かります。

そこで今人気の『100円クリーニング』や『宅配クリーニング』とあわせて、ワイシャツクリーニング料金の相場をまとめてみました。

スポンサーリンク

ワイシャツクリーニングの料金相場

まずは一般的なクリーニング店のワイシャツクリーニング料金の相場を調べてみました。

ワイシャツクリーニングの料金コース

ワイシャツクリーニングには各店舗によって独自のコースもありますが、大きくは

  • 白色ワイシャツか色物ワイシャツか
  • ハンガー仕上げかタタミ仕上げか
  • 手洗いやアイロンなどのハイクラス仕上げ
  • スピード仕上げや即日渡し

などによって料金が違ってきます。

今回は比較しやすいように、白色ワイシャツとそれ以外で「ハンガー仕上げ」と「タタミ仕上げ」の料金を調べてみました。

主要4社のワイシャツクリーニング料金を比較

クリーニング料金は大手のチェーン店であっても、地域によって独自に料金を設定しているお店も多いので料金相場の参考までにご覧ください。

ワイシャツクリーニング料金比較
  ハンガー仕上げ タタミ仕上げ
ポニークリーニング 238円 540円
白洋舎 378円
フランス屋 248円 313円
ホワイト急便 90円~
173円
160円~
238円

白洋舎

白洋舎URL:http://www.hakuyosha.co.jp

全国に店舗を展開している老舗クリーニング店で、質の高いクリーニングで評判です。

ワイシャツクリーニングが300円~と他のサービスに比べてやや高めの料金設定ですが、+30円で集配サービスも行っているので時間がないビジネスマンにはおすすめです。

ポニークリーニング

ポニークリーニングURL:https://www.pony-cl.co.jp

東京・千葉・茨城・埼玉・神奈川に約700店舗を展開し年商100億円を超える大手クリーニング店。

ハンガー仕上げは平均的な価格ですが、タタミ仕上げは高品質なデラックスコースとなるため500円~と一般的な料金相場よりも高めになります。

フランス屋

フランス屋URL:http://www.franceya.co.jp

近畿地方を中心に約300店舗を展開している大手クリーニングチェーン店。

キャンペーン期間中は、ハンガー仕上げが114円、タタミ仕上げが168円と格安な料金設定となっていたりするのでお得に利用できます。

ホワイト急便

ホワイト急便URL:https://www.white-ex.co.jp

フランチャイズを中心に全国展開しているチェーン店で各地域ごとに料金設定が異なり、地域によっては白ワイシャツが90円~の格安な料金で利用できるお店もあります。

また、ハンガー仕上げのみでタタミ仕上げは対応していないお店や、会員価格で安くなるお店など料金にかなりの幅があります。

ワイシャツのクリーニング代は200円前後が相場

ワイシャツのクリーニング料金は、地域やお店によって大きく差がありますが、相場としては1枚あたり200円前後となっています。

安いお店はハンガーのつるし仕上げが一般的で、タタミ仕上げになると+50円~100円程度の追加料金が相場となっています。

ワイシャツの100円クリーニング

話題の「100円クリーニング」とは?

100円クリーニングは、東京以西の地区に100店舗以上の店を持つ「100円クリーニングコインズ」のサービスで、親会社は福岡に本社を置く「きょくとう」という会社です。

100円クリーニングコインズURL:https://www.white-ex.co.jp

「きょくとう」は、コインズの他に「ペリカン倶楽部」「青い鳥クリーニング」「きょくとうショップ」などのクリーニング店もグループに持ち、

  • 資本金5.5億円
  • 年商68億(平成28年2月期)
  • 従業員数:約1600名
  • 営業店舗数:約700店
  • クリーニング工場:29カ所

の大規模なクリーニング会社です。

100円クリーニングの料金設定

最近話題となっている「100円クリーニング」は、全ての衣類が100円でできるわけではありませんが、ワイシャツやスカート・ブラウス・ネクタイ・スカーフなどを100円+税の安い料金でクリーニングして貰えます。

ただし、ワイシャツでも

  • 色のついたもの
  • 厚手の生地のもの
  • 貝ボタンのついたもの
  • たたみ仕上げ

などは140円~200円の料金となります。

また、このサービスは会員制で入会時に500円の入会金がかかり、翌年以降の年会費は300円が必要です。

100円クリーニングの仕上がりは?

100円の格安なクリーニングで品質や仕上がりは大丈夫なの?

という不安もありますが、預かったワイシャツなどは最寄りの工場でクリーニングを行い、原則翌日中にはユーザーに返却されるようになっていて、工場の設備や体制は整っています。

クリーニング自体の品質・仕上がりについても他の業者と比べて大きな差はありません。

100円クリーニングの口コミ・評判は?

衣類の管理や接客対応について悪い口コミも見られますが、これについては現実問題として理解しておくことが大事です。

筆者が利用している店舗の接客は良好で、衣類の管理などでのトラブルもなく何年も利用していますが、多くの店舗を展開しており、中には直営店やFC店などいろいろな形態の店舗がありますので、店舗の責任者や従業員の教育・指導には差があります。

やはり、チェーン店でも実際に利用する近くの店舗がどうなのか一度利用してみてからの判断になります。

そういった意味では、襟まわりの汚れや脇の汗ジミがついたワイシャツを1枚出して、仕上がりやシミ抜きの技術・店員の接客対応を「お試し」してみるのがおすすめです。

ワイシャツの宅配クリーニング料金

忙しいビジネスマンにとっては「ワイシャツをクリーニング店に持っていく」という時間もなかなか取れないという方も。

そんな時に便利なのが自宅まで集配して、出来上がったら届けてくれる【宅配クリーニングサービス

格安な人気の宅配クリーニング「ネクシー」

ワイシャツのクリーニング代が150円(税別)~の格安なサービスが人気の「ネクシー」

ネクシーのワイシャツ宅配クリーニング料金
ハンガー
仕上げ
タタミ
仕上げ
無料会員料金 270円 324円
有料会員料金 162円 216円

ネクシーのワイシャツ料金一覧

通常料金でも白色ワイシャツのハンガー仕上げは相場の300円程度ですが、月額162円のビジネス会員になればお得な割引料金になるうえに送料無料で利用できてお得です。

ネクシー会員特典の詳細はこちら

自宅でもコンビニでも発送・受け取り可能!

クリーニングを出しに行くのも時間がないけど、昼間は仕事で自宅にいないから集荷や受け取りも時間があわない。。。

宅配便にもデメリットがありますが、宅配クリーニングは近くのコンビニで集荷・受取できるサービスもあります。

24時間いつでも利用できますし、出張先から洗濯物を出すこともできて、忙しいビジネスマンにおすすめです。

スポンサーリンク

ウエディングナビTOP最新記事を一覧でチェック!

PAGE
TOP