結露掃除グッズ~ワイパー/スポンジ/クリーナーおすすめ商品まとめ

結露対策のお掃除グッズおすすめ商品まとめ

寒い季節は朝起きると窓が結露でびしょびしょ
朝は何かと忙しいから見てみぬふりうをしたいけど掃除をしないとカビや臭いの原因になってしまいます。

そんな冬の朝の結露取りにおすすめの対策グッズをご紹介。

定番のワイパーやスポンジから、べんりなお掃除家電まで楽天やAmazonの口コミで人気のアイテムをまとめてみました。

スポンサーリンク

簡単で安い人気No1グッズ『結露取りワイパー』

窓の結露取りグッズのなかでも、簡単・安い・効果的と一番人気のアイテムが「結露取りワイパー

ニトリや100円ショップなど身近なお店で販売されているのですぐに手に入ります。

楽天やAmazonなどネット通販では、

  • 空ペットボトルに取り付ける簡単でエコなタイプ
  • ワイパーのヘッドサイズが大きい幅広タイプ
  • 窓の下側まで結露を取れる回転ヘッドタイプ

などが口コミ・レビューで人気となっています。

雑巾で拭くより効果的『結露取りスポンジ/モップ』

窓のアルミサッシや下側の部分はワイパーでは取りにくいので雑巾と併用される方もいますが、何度も絞るのが面倒という方には給水力の高い「結露取りスポンジ」を使うのがおすすめです。

拭き残しや糸くずなどがつく心配もなくきれいに結露を拭きとれます。

高い窓でも拭きやすい柄つきのモップタイプなどもあります。

結露専用掃除機『結露取りクリーナー』

窓の結露を一気に吸い取ってくれる専用の掃除機「結露取りクリーナー(ウインドバキュームクリーナー)」といった家電グッズもあります。

高圧洗浄機で有名なケルヒャーの製品などが人気で、水だれせず拭き後も残らずきれいに掃除できることがメリットです。

べんりな商品ですが販売価格が6,000円くらいしますので、結露だけのために買うのはちょっと迷うところです。

手軽にすっきり『水切り・スキージー』

車の洗車などでも定番の窓ガラスお掃除グッズ「水切り」

結露取りワイパーよりもサイズが大きく、密着性の高いものもあり効率的に結露を取ることができます。

ただ、結露を貯めておくボトル部分などがないので、室内窓の結露取りには少し使いづらい点も。

窓に貼る結露対策グッズ『吸水テープ/シート』

窓について水垂れしてきた水滴を吸水性の高い素材で吸い取って蒸発してくれる「吸水テープ」は、窓に貼っておくだけで結露を取ってくれる便利な対策グッズです。

幅が広いものほど吸水力が高く、面積の広い「吸水シート」より多くの結露を吸収してくれます。

ただし、結露量が多いと蒸発・乾燥する間がなく許容量をオーバーしたり、カビが発生したりの可能性もあるので注意が必要です。

吸水テープ/シートの結露対策グッズはこちらの記事でまとめています窓の結露対策グッズ使用方法/効果まとめ結露対策グッズ~窓に貼る結露防止フィルム/シート/テープの効果まとめ|結露を吸水するおすすめ対策グッズ

湿気取りで結露予防『水とりぞうさん』

湿気取りのグッズとしてかわいい象のマークでおなじみの「水とりぞうさん」

室内の湿度が高いと結露が発生しやすくなりますので、湿度を下げることで結露発生を抑える効果があります。

この製品は、除湿剤として塩化カルシウムを使っており、塩化カルシウムは水を吸収して液体になる性質(潮解性)があり、空気中の水分を吸ってくれます。

ただ、吸水するのに結構な日数がかかるので一気に結露を取ることは難しいですが、窓際などに置いておけば除湿効果が期待できます。

スポンサーリンク

ウエディングナビTOP最新記事を一覧でチェック!

PAGE
TOP